橋本 健

神戸,相続コラム  「終活」のお手伝い!

hashimoto 2013年3月16日 土曜日

神戸|しあわせ相続センターの橋本です。

 

 「終活」については、いろいろなところで話題になっています。

 
2013年3月13日~15日にかけて、

朝日新聞生活面「お財布サバイバル」というコーナーでは

「エンディング」と題して特集が組まれています。
 

一日目:「エンディングノートと遺言、亡くなった際の手続き」

二日目:「遺言と生命保険」 

三日目:「財産リスト・相続放棄、生命保険の課金」
  

簡単にまとめると…

>エンディングノートや財産リストの必要性
>遺言で争族回避
>負の財産の把握や相続放棄時の注意点
>生命保険金の課金や受取人の確認
>遺留分対策
 

などが書かれていて、分かりやすい内容になっています。
 

いずれにしても、生前に準備をしておかないと、

残された家族が、大変なコトになりかねないという内容です
 

あと私の知人もアドバイザー役で出ていますが、

3月14日発売「日経ビジネス 日経マネー」も相続特集です。
 

どの項目においても他人事ではないような気がします。
 

神戸/しあわせ相続センターでは、専門家がチームを組んで

お客様のための「終活」のお手伝いをさせていただきます。

無料のエンディングノートも用意していますので、ぜひお気軽にご一報下さい。
ご相談は無料です!

 

神戸|しあわせ相続センター 橋本

 

■□■————————————————————————————————————

 

神戸/しあわせの相続・遺言・成年後見・生前贈与・ライフプランのお手伝い!

 神戸/一般社団法人しあわせ相続センター

 フリーダイヤル:0120-27-8844

 〒651-0084神戸市中央区磯辺通4丁目2番8号田嶋ビル7階

 E-mail:info@kobe-souzoku.jp

 http://kobe-souzoku.jp/

 ————————————————————————————————————-□■□

神戸,相続コラム  終活を考えてみませんか?

hashimoto 2013年3月12日 火曜日

神戸|しあわせ相続センターの橋本です。

 

昨今、「終活」と言う言葉を耳にするようになりましたが、ご存知ですか?
 

「終活」とは(自分の)人生の終わりのための活動の略で、就活や婚活の派生語です。
 

終活は人生の最期をより良いもの(=自分の理想的なもの)とするため、事前に行う準備のことで、例えば葬儀の内容やお墓のことを事前に決めておいたり、財産配分が主目的である遺言とは別に、自分の思いや意思、願いを綴るノート(エンディングノート)を書いておくといったものがあります。

 
遺言状の場合、葬儀後に開封されることが多く、葬儀に対する願いを書いても希望が叶えられずに終わってしまいます。

 
そこで事前に家族や業者に相談するといった終活をする人が増えています。

また、終活をすることで、死や人生を見つめなおすといった人も多いです。
 

なお「終活」はユーキャン新語・流行語大賞の2010年候補語60語にノミネートされました。
 

立つ鳥跡を濁さず、じゃないですが、人生をより良く締めくくるために具体的に考えてみてはいかがでしょうか
 

神戸|しあわせ相続センターでは、さまざまな終活についてご支援することを使命感としています。

 
ぜひ、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

■□■————————————————————————————————————

 

しあわせの相続・遺言・成年後見・生前贈与・ライフプランのお手伝い!

 一般社団法人しあわせ相続センター

 フリーダイヤル:0120-27-8844

 〒651-0084神戸市中央区磯辺通4丁目2番8号田嶋ビル7階

 E-mail:info@kobe-souzoku.jp

 http://kobe-souzoku.jp/

 ————————————————————————————————————-□■□