ライフプランニング

税理士による確定申告無料説明会・相談会の開催

shiawase 2014年1月22日 水曜日

 

税理士による確定申告 無料説明会・相談会

 

しあわせ相続センター理事の税理士による確定申告に関する無料説明会・相談会を下記のとおり開催することとなりました。

”確定申告すれば、還付されるのはわかっているけれども、自分で書類を作成して提出するのは面倒だから”という方々も多いのはないでしょうか。

そうした方々のために、確定申告の手続きをお手伝いするための説明会を開催いたします。

なお、今回の対象者は下記に該当する方に限定させていただきますので、ご了承ください。

 

また、対象外の方で確定申告の無料相談を受けたいとお考えの方につきましては、個別にご相談をお受けいたしますので、当センター(0120-27-8844)までお問い合わせください!

 

 

【確定申告無料説明会・相談会概要】

■日時 平成25年2月8日(土)、15日(土)いずれも10~12時

■場所 神戸センタープラザ西館6階 会議室

   2/8は11号会議室、2/15は15号会議室

■募集人数 5名程度

■内容 税理士が教える自分でできる確定申告

    確定申告書の作成の実践

    質疑応答

■対象者 次のいずれかに該当する方

    ①2箇所以上から給料を受けている方

    ②2箇所以上から年金を受けている方

    ③医療費合計が年間10万円以上支払われた方

    ④源泉徴収されていない退職金を受給された方

■参加費 無料

■お申込み方法

    お申込みは、下記までお電話又はメールで。

    一般社団法人しあわせ相続センター 担当:眞鍋(まなべ)

    tel.0120-27-8844

    email. info@kobe-souzoku.jp

※先着順にて受付をさていただきますので、定員に達した時点で受付を終了させていただきます。

 

■□■————————————————————————————————————

神戸|しあわせの相続・遺言・成年後見・生前贈与・ライフプランのお手伝い!

神戸|一般社団法人しあわせ相続センター

フリーダイヤル:0120-27-8844

〒651-0084神戸市中央区磯辺通4丁目2番8号田嶋ビル7階

E-mail:info@kobe-souzoku.jp

http://kobe-souzoku.jp/

————————————————————————————————————-□■□

神戸,相続コラム  認知症予防の10カ条

shiawase 2013年3月31日 日曜日

神戸/しあわせ相続センター 司法書士 村上明貴子です。

 

先日、遺言作成のお手伝いをさせていただいた方からお聞きしました。

 

認知症予防の10カ条

第1条  塩分と 脂肪控えて バランス良く

第2条  歩こうよ 手足動かし 脳刺激

第3条  深酒と タバコやめれば 病なし

第4条  習慣病 肥満に血圧 早めの一手

第5条  気をつけよう 頭の打撲 引き金に

第6条  好奇心 前向き人生 いつまでも

第7条  考えて まとめて表現 よい習慣

第8条  こまやかな 気配り欠かさず お付き合い

第9条  老け込むな おしゃれ心を 忘れずに

第10条 くよくよと 考え込まず ため込まず

 

この方、今年90歳の紳士です。大先輩を見習おうと思いました。

 

神戸/しあわせ相続センター 司法書士 村上明貴子

 

■□■————————————————————————————————————

神戸/しあわせの相続・遺言・成年後見・生前贈与・ライフプランのお手伝い!

神戸/一般社団法人しあわせ相続センター

フリーダイヤル:0120-27-8844

〒651-0084神戸市中央区磯辺通4丁目2番8号田嶋ビル7階

E-mail:info@kobe-souzoku.jp

http://kobe-souzoku.jp/

————————————————————————————————————-□■□

 

 

神戸,相続コラム  「終活」のお手伝い!

hashimoto 2013年3月16日 土曜日

神戸|しあわせ相続センターの橋本です。

 

 「終活」については、いろいろなところで話題になっています。

 
2013年3月13日~15日にかけて、

朝日新聞生活面「お財布サバイバル」というコーナーでは

「エンディング」と題して特集が組まれています。
 

一日目:「エンディングノートと遺言、亡くなった際の手続き」

二日目:「遺言と生命保険」 

三日目:「財産リスト・相続放棄、生命保険の課金」
  

簡単にまとめると…

>エンディングノートや財産リストの必要性
>遺言で争族回避
>負の財産の把握や相続放棄時の注意点
>生命保険金の課金や受取人の確認
>遺留分対策
 

などが書かれていて、分かりやすい内容になっています。
 

いずれにしても、生前に準備をしておかないと、

残された家族が、大変なコトになりかねないという内容です
 

あと私の知人もアドバイザー役で出ていますが、

3月14日発売「日経ビジネス 日経マネー」も相続特集です。
 

どの項目においても他人事ではないような気がします。
 

神戸/しあわせ相続センターでは、専門家がチームを組んで

お客様のための「終活」のお手伝いをさせていただきます。

無料のエンディングノートも用意していますので、ぜひお気軽にご一報下さい。
ご相談は無料です!

 

神戸|しあわせ相続センター 橋本

 

■□■————————————————————————————————————

 

神戸/しあわせの相続・遺言・成年後見・生前贈与・ライフプランのお手伝い!

 神戸/一般社団法人しあわせ相続センター

 フリーダイヤル:0120-27-8844

 〒651-0084神戸市中央区磯辺通4丁目2番8号田嶋ビル7階

 E-mail:info@kobe-souzoku.jp

 http://kobe-souzoku.jp/

 ————————————————————————————————————-□■□

神戸,相続コラム  終活を考えてみませんか?

hashimoto 2013年3月12日 火曜日

神戸|しあわせ相続センターの橋本です。

 

昨今、「終活」と言う言葉を耳にするようになりましたが、ご存知ですか?
 

「終活」とは(自分の)人生の終わりのための活動の略で、就活や婚活の派生語です。
 

終活は人生の最期をより良いもの(=自分の理想的なもの)とするため、事前に行う準備のことで、例えば葬儀の内容やお墓のことを事前に決めておいたり、財産配分が主目的である遺言とは別に、自分の思いや意思、願いを綴るノート(エンディングノート)を書いておくといったものがあります。

 
遺言状の場合、葬儀後に開封されることが多く、葬儀に対する願いを書いても希望が叶えられずに終わってしまいます。

 
そこで事前に家族や業者に相談するといった終活をする人が増えています。

また、終活をすることで、死や人生を見つめなおすといった人も多いです。
 

なお「終活」はユーキャン新語・流行語大賞の2010年候補語60語にノミネートされました。
 

立つ鳥跡を濁さず、じゃないですが、人生をより良く締めくくるために具体的に考えてみてはいかがでしょうか
 

神戸|しあわせ相続センターでは、さまざまな終活についてご支援することを使命感としています。

 
ぜひ、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

■□■————————————————————————————————————

 

しあわせの相続・遺言・成年後見・生前贈与・ライフプランのお手伝い!

 一般社団法人しあわせ相続センター

 フリーダイヤル:0120-27-8844

 〒651-0084神戸市中央区磯辺通4丁目2番8号田嶋ビル7階

 E-mail:info@kobe-souzoku.jp

 http://kobe-souzoku.jp/

 ————————————————————————————————————-□■□